スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「ふーの部屋ブログ」が最新情報をお届けします

Twitter更新情報をゲットしよう!

『甲鉄城のカバネリ』2話感想まとめ 無名ちゃん無双ヤバすぎ!! 主人公は死す!?

スポンサーリンク


あらすじ


2話 明けぬ夜
なんとか助かった生駒は、顕金駅に唯一残された駿城――甲鉄城に向かう。
一方、カバネの中に取り残された菖蒲たちの前に、幼い少女・無名が現れた。
彼女はその超絶の戦闘力で、甲鉄城への脱出路を切り開いていく。


	kabaneri03	001	.jpg 	kabaneri03	002	.jpg 	kabaneri03	003	.jpg 	kabaneri03	004	.jpg 	kabaneri03	005	.jpg 	kabaneri03	006	.jpg 	kabaneri03	007	.jpg 	kabaneri03	008	.jpg 	kabaneri03	009	.jpg 	kabaneri03	010	.jpg 	kabaneri03	011	.jpg 	kabaneri03	012	.jpg 	kabaneri03	013	.jpg 	kabaneri03	014	.jpg 	kabaneri03	015	.jpg 	kabaneri03	016	.jpg 	kabaneri03	017	.jpg 	kabaneri03	018	.jpg 	kabaneri03	019	.jpg 	kabaneri03	020	.jpg 	kabaneri03	021	.jpg 	kabaneri03	022	.jpg 	kabaneri03	023	.jpg 	kabaneri03	024	.jpg 	kabaneri03	025	.jpg 	kabaneri03	026	.jpg 	kabaneri03	027	.jpg 	kabaneri03	028	.jpg 	kabaneri03	029	.jpg 	kabaneri03	030	.jpg 	kabaneri03	031	.jpg 	kabaneri03	032	.jpg 	kabaneri03	033	.jpg 	kabaneri03	034	.jpg 	kabaneri03	035	.jpg 	kabaneri03	036	.jpg 	kabaneri03	037	.jpg 	kabaneri03	038	.jpg 	kabaneri03	039	.jpg 	kabaneri03	040	.jpg 	kabaneri03	041	.jpg 	kabaneri03	042	.jpg 	kabaneri03	043	.jpg 	kabaneri03	044	.jpg 	kabaneri03	045	.jpg 	kabaneri03	046	.jpg 	kabaneri03	047	.jpg 	kabaneri03	048	.jpg 	kabaneri03	049	.jpg 	kabaneri03	050	.jpg 	kabaneri03	051	.jpg 	kabaneri03	052	.jpg 	kabaneri03	053	.jpg 	kabaneri03	054	.jpg 	kabaneri03	055	.jpg 	kabaneri03	056	.jpg 	kabaneri03	057	.jpg 	kabaneri03	058	.jpg 	kabaneri03	059	.jpg 	kabaneri03	060	.jpg 	kabaneri03	061	.jpg 	kabaneri03	062	.jpg 	kabaneri03	063	.jpg 	kabaneri03	064	.jpg 	kabaneri03	065	.jpg 	kabaneri03	066	.jpg 	kabaneri03	067	.jpg 	kabaneri03	068	.jpg 	kabaneri03	069	.jpg 	kabaneri03	070	.jpg 	kabaneri03	071	.jpg 	kabaneri03	072	.jpg 	kabaneri03	073	.jpg 	kabaneri03	074	.jpg 	kabaneri03	075	.jpg 	kabaneri03	076	.jpg 	kabaneri03	077	.jpg 	kabaneri03	078	.jpg 	kabaneri03	079	.jpg 	kabaneri03	080	.jpg 	kabaneri03	081	.jpg 	kabaneri03	082	.jpg 	kabaneri03	083	.jpg 	kabaneri03	084	.jpg 	kabaneri03	085	.jpg 	kabaneri03	086	.jpg 	kabaneri03	087	.jpg 	kabaneri03	088	.jpg 	kabaneri03	089	.jpg 	kabaneri03	090	.jpg 	kabaneri03	091	.jpg 	kabaneri03	092	.jpg 	kabaneri03	093	.jpg 	kabaneri03	094	.jpg 	kabaneri03	095	.jpg 	kabaneri03	096	.jpg 	kabaneri03	097	.jpg 	kabaneri03	098	.jpg 	kabaneri03	099	.jpg 	kabaneri03	100	.jpg 	kabaneri03	101	.jpg 	kabaneri03	102	.jpg 	kabaneri03	103	.jpg 	kabaneri03	104	.jpg 	kabaneri03	105	.jpg 	kabaneri03	106	.jpg 	kabaneri03	107	.jpg 	kabaneri03	108	.jpg 	kabaneri03	109	.jpg 	kabaneri03	110	.jpg 	kabaneri03	111	.jpg 	kabaneri03	112	.jpg 	kabaneri03	113	.jpg 	kabaneri03	114	.jpg 	kabaneri03	115	.jpg 	kabaneri03	116	.jpg 	kabaneri03	117	.jpg 	kabaneri03	118	.jpg 	kabaneri03	119	.jpg 	kabaneri03	120	.jpg 	kabaneri03	121	.jpg 	kabaneri03	122	.jpg 	kabaneri03	123	.jpg 	kabaneri03	124	.jpg 	kabaneri03	125	.jpg 	kabaneri03	126	.jpg 	kabaneri03	127	.jpg 	kabaneri03	128	.jpg 	kabaneri03	129	.jpg 	kabaneri03	130	.jpg 	kabaneri03	131	.jpg 	kabaneri03	132	.jpg 	kabaneri03	133	.jpg 	kabaneri03	134	.jpg 	kabaneri03	135	.jpg 	kabaneri03	136	.jpg 	kabaneri03	137	.jpg 	kabaneri03	138	.jpg 	kabaneri03	139	.jpg 	kabaneri03	140	.jpg 	kabaneri03	141	.jpg 	kabaneri03	142	.jpg 	kabaneri03	143	.jpg 	kabaneri03	144	.jpg 	kabaneri03	145	.jpg 	kabaneri03	146	.jpg 	kabaneri03	147	.jpg 	kabaneri03	148	.jpg 	kabaneri03	149	.jpg 	kabaneri03	150	.jpg 	kabaneri03	151	.jpg 	kabaneri03	152	.jpg 	kabaneri03	153	.jpg 	kabaneri03	154	.jpg 	kabaneri03	155	.jpg 	kabaneri03	156	.jpg 	kabaneri03	157	.jpg 	kabaneri03	158	.jpg 	kabaneri03	159	.jpg 	kabaneri03	160	.jpg 	kabaneri03	161	.jpg 	kabaneri03	162	.jpg 	kabaneri03	163	.jpg 	kabaneri03	164	.jpg 	kabaneri03	165	.jpg 	kabaneri03	166	.jpg 	kabaneri03	167	.jpg 	kabaneri03	168	.jpg 	kabaneri03	169	.jpg 	kabaneri03	170	.jpg 	kabaneri03	171	.jpg 	kabaneri03	172	.jpg 	kabaneri03	173	.jpg 	kabaneri03	174	.jpg 	kabaneri03	175	.jpg 	kabaneri03	176	.jpg 	kabaneri03	177	.jpg 	kabaneri03	178	.jpg 	kabaneri03	179	.jpg 	kabaneri03	180	.jpg 	kabaneri03	181	.jpg 	kabaneri03	182	.jpg 	kabaneri03	183	.jpg 	kabaneri03	184	.jpg 	kabaneri03	185	.jpg 	kabaneri03	186	.jpg


みんなの感想


主人公視点から物語を見ても、それ以外の人物の視点から物語を見ても結局どちらが善か悪かハッキリ計れないから面白くなるんだろうね
多角的に世界を見ることができる作品はそれだけでも飽きない
#kabaneri
甲鉄城のカバネリ第2話を視聴。今回も劇場版のようなクオリティの高さが素晴らしい。ストーリーも緊迫したこの感じ名作の予感がする。視聴を終えた後のこの満足感はなんだ。それに、無名は可愛いし強いしなんなんだこの作品は!円盤購入候補入ですね。怖いのは終盤の息切れ。#kabaneri
カバネリ2話感想
今週も最初から最後怒涛の展開で2話とは思えない盛り上がり方。
無名が突破口を開く無双シーンと生駒が「ざまぁみろってなぁ‼︎」と心の叫びと共に仲間の為に橋を降ろすシーンは本当に熱かった。
生駒に一度は怯みながらも助ける逞生の友情もまたいい。
#kabaneri
カバネリになって辛いのは生駒当人もそうだと思うし、たくみもだよね…
生駒を信じたら武士に何されるかわからないし生駒を信じないわけにもいかない。けどそう考える時点で自分最優先に考えてるってことだよね。そう考えると生駒は他人の為だけに生まれてきた感じ…↓
#kabaneri
甲鉄城のカバネリ2話、自分が見捨てられ絶望的な状況に陥りながらも、その見捨てた側を救って「正義とは何か」を投げかける生駒の"死に様"に痺れた。超が付くほど繊細かつ迫力ある作画も、釘付けになる展開も、華麗なタイトル回収も全てが完璧で本編の体感時間があっという間。#kabaneri
甲鉄城のカバネリ」満を持して、2週間ぶりに放送された本作。初披露となったOPからして圧巻の一言。五感を奮い立たせるEGOIST氏の歌声によって、美しくも繊細で圧倒的な映像が、芸術の域にまで達している。このOPの為だけでも、L字での放送を延期したのは英断だった。#kabaneri
@CYOUSAHEI_819 最大限の褒め言葉で、綺麗事を実体化したような…
だからあの涙には感じるものが大きかった…
キャッチフレーズ(?)の「貫け、鋼の心を」ってほんとよく考えられた言葉だよね…物理的に貫くのと、自分の意思を貫き通す…
カバネリありがとう
#kabaneri
生駒が甲鉄城から降ろされて橋のレバー降ろして取り残されちゃうんかと思ったら逞生がいい奴すぎて、、、😭😭
逞生のセリフに泣きそうなった!
「あいつはカバネなんかじゃない!俺の友達だ!」
それからの無名様ナイス(((o(*゚▽゚*)o)))
#カバ

#kabane
ri
甲鉄城のカバネリ」甲鉄城へ至る道を切り拓くため、戦闘用衣装を身に纏い、単身、カバネの大群へ斬り込む無名。10秒の超過はあったが、僅か100秒で一帯のカバネを掃討してみせたその戦闘シーンは息を呑むほど。時間切れの制約があるようだが、彼女の強さはまさに一騎当千だ。#kabaneri
甲鉄城のカバネリ」カバネが押し寄せる中、トラブルが続出しながらも、甲鉄城の発進を試みるシーンは緊迫感があって盛り上がる。一度は甲鉄城に見捨てられた生駒だが、恨み言を吐きつつも他者を助ける姿勢は実に真っ直ぐ。「うしおととら」で鍛え上げられた畠中祐氏の熱演が光る。#kabaneri
甲鉄城のカバネリ」脳に侵食する直前でウイルスを食い止めた生駒だが、その代償で無名同様、人間でもカバネでもない生き物“カバネリ”に変貌してしまったらしい。2人の共通点といえば圧倒的な生命力を誇ることだが、眠気の副作用があるなど、どうも完全無欠な代物でもない様子。#kabaneri
「甲鉄城のカバネリ」本編は細部の描写まで劇場版並みのクオリティで、特に菖蒲様の作画は既に地上波のレベルを超越している。EDはOPとは一転して“静”の空気で、繊細な色香を漂わせる美樹本晴彦氏のイラストが美しい。まさに、日本のアニメの真の実力を見せ付けられる作品だ。#kabaneri
絶望しながらも生駒は「銃を向ける相手」に関して一貫してたのも格好良かった。検閲の時、カバネの疑いがある者、カバネに飲まれた扶桑城を入れない様に跳ね橋を上げろと蒸気鍛冶に命令する時、得体の知れない無名ちゃんにと、武士は武器を向けるけど生駒は無いの素敵 #kabaneri #カバネリ
生駒良い主人公よね。情熱的で熱血漢だけど論理的で、過酷な中で摩耗し荒んでいく人間を嘆きながらも彼らを助けてしまうのは希望を捨て切れていないからだろうし。世間知らずでピュアなんじゃなくて、険しい道だと理解して尚信じる事を選択している姿とか素敵。 #kabaneri #カバネリ
甲鉄城のカバネリ#2

やはり無名ちゃんが首の紐を解くのには理由があって、首でカバネのウイルスを止めていた。そして、戦闘時に解くことで常人を超える力を発揮する。しかし、それなりのリスクがあるようで…
無名ちゃんの戦闘がカッコよすぎて惚れちゃいそう(惚れてる)
#kabaneri
そういえば今回、無名ちゃんが菖蒲様に戦が下手だからいっぱい人が死ぬんだよと言っていたけど、これも生駒が1話で尋ねた銃を向ける相手にも通じる様に感じた。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」自分達は何者で何を敵とするかが分かっている人が強い印象。 #kabaneri #カバネリ
甲鉄城のカバネリ。見応えありすぎ。この作画のクオリティを維持するの、大変だろうなぁ。それにしても、菖蒲様のポジション。オルフェンズのクーデリア様とか品のいい美少女は好きだけど、そろそろ凛々しめの美少年というパターンも見てみたい。 #kabaneri
甲鉄城のカバネリ 2話
2話でもクオリティ落ちが一切ない安定ぶりでひと安心した。
さて、無名の無双回。やるとは思っていたけど、やっぱ強いですな。
そしてラストの生駒の身体の変化を説明すると共に自らの正体も語り出す。
本当にいい演出してくるなー! #kabaneri #カバネリ

スポンサーリンク





アイコン
無名ちゃんの無双が凄かったな! あれだけ強いのにはなにか理由がありそうだけど、って思ってたら無名ちゃんもカバネに噛まれたことがあったみたいだな。主人公も噛まれたあと昼の熱いパイプを受け止めてたりしてたし、それで強くなったんだな。

無名ちゃんいわく「カバネリ」と言うらしいけどタイトルも回収しちゃって物語はこれこらどう進んでいくのかな?
スポンサーサイト

 甲鉄城のカバネリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「ふーの部屋ブログ」が最新情報をお届けします

Twitter更新情報をゲットしよう!

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。