スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「ふーの部屋ブログ」が最新情報をお届けします

Twitter更新情報をゲットしよう!

『灰と幻想のグリムガル』5話スタッフインタビュー 重み、歪みは大事なこだわり

スポンサーリンク

『灰と幻想のグリムガル』5話スタッフインタビューが公開されました。

重心や歪みというオーダー。
中村監督が「なるべくリアルな表情をつけたい」との、こだわりをお持ちでしたので、脱力感や焦燥感などに注力しました。
「アニメ特有の『左右対称な表情やポーズ』ではなく、重心や歪みが欲しい」というオーダーは、キャラクターを肉付けするうえで、大事なこだわりだと思いました。
ファンタジーでありながら、とても現実味のある作品ですので、「自分がこの世界に行ったら……」と空想してみるのも面白いと思います。

総作画監督・栗原優

総作画監督・栗原優



5話感想はこちら
『灰と幻想のグリムガル』5話感想まとめ 新神官はかなりの曲者、、、マナトがいないと大変だな

スポンサーリンク





アイコン
作画気合入ってたよな~。
こういうリアルな雰囲気を求めていくアニメはなかなか無いし、作画も大変な気もする。

スポンサーサイト

 灰と幻想のグリムガル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「ふーの部屋ブログ」が最新情報をお届けします

Twitter更新情報をゲットしよう!

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。