スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「ふーの部屋ブログ」が最新情報をお届けします

Twitter更新情報をゲットしよう!

ガチで泣けるアニメランキングTop10

スポンサーリンク

sigatuha2015-12-2801.jpg


第1位 『東京マグニチュード8.0』TVシリーズ全11話



中学1年生の未来は弟・悠貴に付き合わされて東京・お台場で開催されている「ロボット展」を見に来ていました。そこに、突如マグニチュード8.0の海溝型大地震が起こります。東京は壊滅。未来は悠貴を連れ、バイク便のライダー・日下部真理の助けを借りて、世田谷区の自宅に帰ろうとするのですが……。

実際に起こり得る大地震による東京の姿、また幼い兄弟のサバイバルを描いています。もし自分がこんな状況になったらと考えさせられる作品ですが、極限状態の中での人の優しさには思わずほろっときてしまうでしょう。


第2位 『プラスティック・メモリーズ』TVシリーズ全13話



アンドロイドが社会で広く使われるようになった未来が舞台です。主人公・水柿ツカサは、心を持った人型アンドロイドを製造・管理するSAI社の「ターミナルサービス課」に配属されます。ツカサはそこでお茶くみ用アンドロイドのアイラとコンビを組むことになり、彼女に引かれていきます……。

耐用年数の過ぎたアンドロイドは回収される運命にあるのですが、主人公ツカサはアイラを大事に思いその寿命が尽きるまで一緒にいようとします。心のつながりを真正面から描いた作品で、その切ない物語には思わず号泣してしまいます。


第3位 『カールじいさんの空飛ぶ家』



カールじいさんは奥さんに先立たれ一人で一軒家に暮らしています。立ち退きを迫られるのですが、奥さんとの思い出を大事にするカールじいさんは断固拒否。ところが、立ち退かざるを得ないことになり、奥さんにいつか行こうと約束した「伝説の滝」を探しに、家に1万297個の風船を取り付けるのです……。

夫婦の愛と絆が描かれた作品で、カールじいさんが回想する奥さんと過ごした日々には涙が止まらなくなります。後半の冒険パートは愉快で楽しいのですが、序盤に登場するこの回想シーンが号泣ポイントなのです。


第4位 『AIR』TVシリーズ全12話



国崎往人はある物を探して日本中を旅していました。あるとき田舎町で神尾観鈴という少女に出会います。観鈴は母親代わりの叔母・晴子と一緒に暮らしていました。往人は観鈴の家に泊めてもらうことになるのですが、彼女にはある秘密があったのです……。

現在から話は始まりますが、実は1,000年にわたる過去と現在をつなぐ物語で、切なさに満ちています。同名恋愛アドベンチャーゲームを原作とするアニメ。原作ゲームはいわゆる「泣きゲー」として一世を風靡(ふうび)しました


第5位 『おおかみこどもの雨と雪』



女子大生・花は「おおかみおとこ」と出会って恋に落ちてしまいます。「おおかみおとこ」はニホンオオカミの末裔(まつえい)であるというのです。花は2人の子供を産みますが、娘・雪と息子・雨はオオカミに変身できる「おおかみこども」だったのです……。

細田守監督の長編オリジナルアニメ第2作で、娘・雪が語る母・花の半生の物語となっています。人を思いやる気持ちが全編にあふれていて、その気持ちのはかなさ、また切なさに涙が止まらない作品です。人と関わることの大切さをあらためて教えてくれます。

6位以降はこちら

スポンサードリンク




質問者の写真
どれも泣ける素晴らしい作品ばかりだよ、、、
「おおかみこどもの雨と雪」なんて、何度も見たし、何度も泣いたよ。
スポンサーサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

「ふーの部屋ブログ」が最新情報をお届けします

Twitter更新情報をゲットしよう!

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。